あしはたはてな。

私が死んで、生まれ変わるまで残っていてほしいログ。

目立ちたいのか、創りたいのか?

作品が優れていれば目立ち、目立ち続ければ輝きます。

しかし、創ることに集中するとなると、集中するために隠れる。という要素もまた重要になります。

こんな図式ほかにもみたことありませんか?

たとえば、アーティストとプロデューサーの違いとか。政治家は広告塔で、政策立案はそのブレインがやってるとか。漫画家でさえ、原作者と作画家ではそれに求められる能力がまるで異なります。

 

例えば、作品を創るためには必ず孤独と長時間、継続的に向き合いトレーニングを積む必要があります。が、知名度をあげるためには、名前と顔を人に売らなければなりません。これは外交的な努力であり、真の創造性と相反します。

 

目立ちたいのか、創りたいのか?

どこかを、選ばねばなりません。

むしろポジティブに捕らえるならば、目立つためには自分で創る必然はなく、創るためには必ず自分が目立つ必要はありません。

これの処理が曖昧だと、どこかでいつか萎んでしまいます。そしてそれはクリエイティブではなくなるのです。

クリアエティブであり続けるために、なにがしかが立ちはだかる問題でもあります。

 

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

 

 

広告を非表示にする
Copyright© ashihata